未分類

依存

最近ホストに依存して抜け出せないという女性の動画をyoutubeで見ました

インタビューしてる人が、

『そのホストさん、全然あなたのこと大事にしてないじゃないですか』

『ホストに行かないという選択肢はないんですか?』

『その人の何が好きなんですか?』

て聞いてて、女の子の答えは、

『好きというよりは、一緒にいて安定する、落ち着くというか癒されるという感じで、お店にいる瞬間だけが安定する』でした

ホストにハマる人の気がしれないと前は思っていたし、それは今も変わってないですが、そこしか自分を認めてくれる場所がない...でもその人が好きなわけではないという感覚は、共感できるところがありました

自分がカウンセリングに依存する心理

自分にとってカウンセリングは、自分だけに注意を向けてくれるし、何を吐いても話しても、批判されないし、自分を受け入れてもらえる空間です

親をいつまでも恨んでも成長しないよ!とか、あなたは自分に自信がないからもっと自信持った方がいいよとか、もっと自分を大事にしないと!とかもっとポジティブになれば?とか上からごちゃごちゃアドバイスまがいのことを言ってくる人は今まで何人も見てきて、

でもそういうことは言われなくても、自分が1番よくわかってることを改めて他人に言われて、ただでさえない自信がもっと削がれるような感覚ばかり与えられてきたと思ってます

言い方悪いですが、金を払ってカウンセリングをしてもらうまで、私の気持ちを汲んでくれる人はいなかったです

今見てもらってるカウンセラーに、寂しかったね、辛かったねと言ってもらって、涙が止まらなくて、今思えばそんな一言も金払わないと言ってもらえないことに悲しくなるけど、結果的に今でもそこしか安心して感情を吐き出せる場所がないです

ちょっと前までは、カウンセリング行く度に感情の波が押し寄せてきて、泣いてました

一時期は、もう神様に出会ったくらいそのカウンセラーにぞっこん?だったけど、1回お金の振り込みを払い忘れたときに、今回の分まだ支払い確認できてないって言われて、我にかえりました

何回も払い続けてるのに、その1回も見逃さずに負けてくれないのかって腹立ったのはよく覚えてます

カウンセリングも一種のビジネス

カウンセリングも一種のビジネスでお金を払わないと成立しない

頭ではわかってても、また行ってしまう

その安心できる空間を生まれてから何十年も求め続けてきて、飢えてるから、水が必要なのと同じくらい我慢することができないのかなと思ってます

もしかしたら、youtubeで見たホストにハマってる子も似たような感覚なのかなって思いました

カウンセリングとホストは全く別のものだと思いたいし、この記事をもしカウンセラーが見たら反論されるかもしれないけど、依存するまでの過程が少し似てる気もしました

何かに依存することは、悪いことだけではないと言われたこともあるけど、やっぱり何かに依存し続けるのはしんどいです

  • この記事を書いた人
捻くれうさぎ

捻くれうさぎ

-未分類
-, ,