未分類

カウンセリングに2年間通い続けて変わったこと

カウンセリングに通うようになったきっかけ

もともとカウンセリングには興味がなく、どちらかというとアンチ派でした

高いお金払って話聞いてもらうとかアホらしいと思っていたし、カウンセリングに通っている人に「カウンセリングおすすめだよ」と言われても、いやお金払って話聞いてもらうとかバカだなとまで思っていました。

ここまでカウンセリングに対してアンチで合った自分がカウンセリングに通おうと思ったきっかけは、とにかく人間関係がどこに行っても壊滅的だったので、藁をも掴む思いでいろんな心理学の本を読み漁っていた時に岡田尊司さん著書の「愛着障害の克服〜愛着アプローチで人は変われる」という本を読んだことでした。

 

 

その本の中で、身近にいる人や母親が安全基地になることで、変われますが、それが難しい場合、カウンセラーなどに安全基地になってもらうのも1つの手法という内容を読んで、藁をも掴む思いでカウンセリングに行こうと決めました。

怒涛のカウンセラー探し

現在のカウンセラーに落ち着くまで、いろんなカウンセラーを見て回りました。

何回かカウンセリングしてもらっては、なんか腑に落ちないなと思って途中で行かなくなったり、そのカウンセラーを嫌いになったりして、結局カウンセラーをコロコロ変えていました。

その期間が5ヶ月ぐらいだったと思います。今のカウンセラーさんに落ち着いた決め手はこれです!とはっきり言えないのですが、フィーリングが合ったというか、相性もあるのかなとも思いますが、自分に合ったカウンセラー探しは本当に大変でした。

現在のカウンセラーに落ち着いてから約2年間経ちました

今は少しお休みしてるのですが、2年間同じカウンセラーとカウンセリングを続けました。

休んだ理由はまた今度話せたら話したいです。

1つだけ魔法のように変わったと思うことは周りからの私への扱いが愕然とよくなったことです。もちろん今でも見下されたなと思うことも色々ありますが、前と比べると断然かなりよくなりました。本当にどこに行っても人間関係で悩み、こんなことで関係終わる?ていうくらいしょうもないことで言い争いになり、気づいたら関係がギクシャクしていたり、そもそも人は私への当たりがきつく、なんか憑いてるんじゃないか、呪われているんぢゃないかとまで思っていました。今でもその考えは残っていますが(笑)

 

▪️カウンセリングを2年間続けていい方向に変わったこと

  • 一旦友達になった人と続くようになった
  • 自分と他人の境界線を前よりは引けるようになった
  • 母親からの分離が少しできるようになった
  • 今の自分の状態を自分で認められるようになった

▪️カウンセリングを2年間続けてマイナス?に変わったこと

  • カウンセリングに依存し過ぎてしまう
  • 母親への憎悪が増幅された
  • 自分の考えを整理できない

以前の方が、母親への罪悪感が強く、母親にも事情があったと無理やり母親を理解しようとしていましたが、今は自分の感情を優先させてるように感じます。自分の考えを整理できないことですが、前から整理できてなかったんですが、今は自分の頭の中が整理できてないことを客観的に見れるようになったからかも?しれません。

カウンセリングに通ったことは良かったこと?

今カウンセリングに依存し過ぎてしまって、カウンセリングというものを知らなければ良かったとまで思うくらい、すぐカウンセリングに行きたがろうとします。流石にお金がかかりすぎるので、時間を少なくしたり頻度を減らしたりしているのですが、次のカウンセリングの時までどうやって生き延びようと死活問題くらいにまで悩むことが今でも多くあります。ただそれでも、結果カウンセリングに行って良かったと思っています。今まで、話を聞いてもらうのが当たり前ではなかったので、自分なんかまともに話を聞いてくれる人なんかいない、自分の気持ちを拾ってくれる人はいなくて当然と思って生きていて、急に向き合ってくれる場所ができて、今までの当たり前は当たり前じゃなかったと思えたことが1つの収穫だと思いたいです。

 

  • この記事を書いた人
捻くれうさぎ

捻くれうさぎ

-未分類