自分なりに考えた心理学

愛されずに育った人が自分を愛することができるようになる唯一の方法

大事にされる体験

それは、誰かに愛される、大事にされる体験をすること

それにつきると思います

よく自分で自分を愛せないから、自分を蔑ろにするから周りからも蔑ろにされるんだよ

っていう人たちがいる

 

あたしも多々言われました。

でもそもそも、自分を愛するとか自分を大事にするって何なの?て

自分を愛するって全然意味がよく分からないから、「自分を愛するには」とか「how to love myself」とかいろんな記事を血眼になって見てきました

 

鏡の前に立って、今日も可愛いね、とか「I love you」とか言ってみたりして・・

f:id:livingwithlowselfesteem:20200717024016p:plain

私は自分で自分を愛そうと死ぬほど努力をしたと言っても過言じゃないと思います

でも、驚くほど効果がなかったというか、、、

 

自分で自分を愛する力

愛されずに育った人たちは、自分で自分を愛する力がない

その人たちに、「自分を愛してないからこうなるんだよ」なんて言葉は、一番ひどい攻撃だと思います

 

でも愛されずに育った人が愛される場所ってそうないと思います

人と関係性を築けないのに、誰かに依存するのは危険だし、あたしの場合は、そもそも依存する人もいません

 

もし少しでも依存すると離れていってしまうことがほとんどです

 

そんな私が安全に自分の感情を出せる安全基地をもつことは非常に重要でした

セラピーに通ってからしばらく経ちますが、自分の感情を大事にしてくれる場所を持ってから、自分の今まであった自己否定がほんの少しずつ和らいできたような気がします

 

それは、無理やり自分自身に言い聞かせたわけでもなく、自然と自分の傷ついた感情を無視せずに、認識するようになりました

 

もし愛着障害で悩んでいらっしゃる方がいる場合、なぜ自分を自分で愛せないのか自分をひどく責めてる方もいらっしゃるかもしれません。

 

あたしの場合は、そうです。

今でも、なぜ自分で自分を愛せないのか自虐的になります。

自分自身を愛せないから誰も私のことを愛してくれないのかって

 

でも自分を愛せなくて当然というか、この環境で生きてきて、自分自身を愛せているほうがおかしいって最近少し思います

 

自分の感情を安心して出せる場所を作ることが唯一の方法だと思います。

もし周りに受け止めてくれる方がいればその方にお願いするのも一つだと思いますが、あたしの場合はいませんので、信頼できるカウンセラーの方にお願いしています。

 

 

 

  • この記事を書いた人
捻くれうさぎ

捻くれうさぎ

-自分なりに考えた心理学