未分類

空き家再生のお手伝いをしてきました

いつかセラピーや安全基地になって話を聞いてくれるような場所を作りたいという夢は今でも変わっていないですが、そのためにはもちろん場所が必要ということで、不動産屋に行って話を聞いたり、at home などで物件を見たりしてますが、もし仮に購入を決意した場合、もちろん維持費や固定資産税などもかかってくるし、リノベーション済の物件は高価なものばかりなので、手を伸ばしにくいということで、ボロボロの安い物件を買うと、かえって修復費用がかさんだりすることもあるみたいです

そもそも物件探しは、不動産などに聞くのではなく、まずは地元の人たちと仲良くなって、どこが空き家になっているかの地元情報を得るのが一番いいと言っていましたが、いい物件は既に売り切れてて、不動産にのっているような物件は全て売れ残った物件だという話もよく聞きます

真鶴でAirbnbをされる予定のお家に見学しに行きました

中古物件をat homeで購入してセルフリフォームされて民宿(Airbnb)をする予定の方と知り合う機会があったので、そのお家にお手伝い兼見学に行くために真鶴に行きました

中古物件のDIYに関してはその方も知識はほとんどなく、大工さんに来てもらってどの柱を残してどの柱を切っていいったら良いのかなどを教えてもらって、自分たちで作業に取り掛かられていました。

畳の部屋をフローリングにする作業や、電動ノコギリで廃材を細かくする作業などを実際にこの目で見て、リノベーションはすごくお金のかかる作業というイメージでしたが、自分だちである程度の解体やDIYは可能だということを知りました

ただ解体作業や壁土を剥がしていく作業はかなり根気のいる作業で、一人でやるのはかなり難しい作業だし、かなり覚悟しないといけないのだと実感しました

購入当初は、ジャングルのようになっていたみたいですが、片付いて綺麗になっていました
床を剥がして壁土も撤去する作業は本当に大変だったそうです
写真がぼやけてしまいましたが、この窓枠や壁の感じもアンティーク感があり、異人館のような感じで、このお家がまさか60年以上前?に建てられたものとは考えられないぐらいおしゃれでした
購入当初は、木の枝が家の中まで入ってきてたみたいです 壁が完成したら白い扉をつけるみたいです

  • この記事を書いた人
捻くれうさぎ

捻くれうさぎ

-未分類
-, , ,